レーシック手術がお勧めの理由

「レーシック手術」は、メスを使わない手術です。開発された「エキシマレーザー」という、冷たいレーザーともいわれるレーザーを照射することによってメスの代わりとします。

また麻酔も点眼麻酔で痛みもありません。全く刃物などを使わない手術という点が、「視力回復にはレーシックを。」といわれる大きな理由といえるでしょう。

レーシックの医師達

視力回復

視力の低下には、見えづらさをフォローするために眼鏡やコンタクトレンズでの視力矯正をしますが、日常生活に煩わしさを感じたり、体の不調を訴えたりと、ケアに何かと掛かります。

確かに手術代などは安いとはいえませんが、視力が低下するために買い替える眼鏡台やコンタクトなども決して安いものではないでしょう。
それなら思い切って、レーシックの手術を・・・という考えをもってもいいのではないのでしょうか。

病院選びは慎重に

レーシックを決意をして、一番最初にしなければいけないのは病院を選ぶことです。

身近に経験者がいれば一番いいのですがいない場合は、良いという病院を全て選択肢にいれるくらいの勢いで、徹底的に調べていきましょう。

人気のレーシッククリニックとしては錦糸眼科や品川近視クリニック、レイ眼科、ナチュラルヴィジョンなどがあります。インターネット上にたくさんの口コミサイトがあるので一度調べてみてください。

病院

まずは、その病院の機器は最先端とまではいかずとも最新かどうかをチェックします。特に「エキシマレーザー」は大事です。そして同じくらいに大切なのは、やはり医師です。機械だけでは手術ができません。

眼科医なのはもちろん、実践経験が高い医師がいる病院を選ぶのは必須といえるでしょう。これはある意味、診察などの時にある下調べが可能です。

そして最後に「アフターケア」があるかです。手術だけして終わりでは、後日に万が一のことがあった時に怖いです。必ずある病院を選んで入りましょう。目は財産です。生かせるのも守れるのも本人だけです。

またレーシックは自由診療のため、レーシック費用は各クリニックが任意で決めています。施術のレベルに合わせて適切な料金設定を行っているクリニックを選ぶ必要があります。
 

おすすめのレーシック眼科

品川近視クリニック

品川近視クリニックの特徴は、常に世界最高水準のレーシック手術を格安で提供しているところです。

アマリス750Zレーシックは、質のわりに安くできるので、評判もよく最もおすすめなレーシックです。

また、品川近視クリニックは、日本でも特に施術数が多いクリニックで、既に120万症例を超えています。この数字は日本においては最多の症例数となっています。

最近はレーシックだけでなく、より安全性の高いICLを格安で提供しているのも要注目です。
 

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニックでは、アイレーシックという独自のプランを展開しています。これは世界最多の膨大な症例データをもとに作成したオーダーメイドのプログラムとなっており、一人一人の状態に最適な施術を提供しています。

またこれはレーシック累計40万症例もの豊富な実績をもとにしていますので、非常に安心感の高いものになっています。

無料での相談や適応検査、アイレーシックによる患者一人一人に合わせたプログラムなどの患者を第一に考えたサービス展開が神戸神奈川アイクリニックの大きな特徴です。
 

レーシック手術の危険性はない?

札幌でレーシック手術を考えている方から、レーシックの危険性について質問を受けました。実際にレーシックの現状はどうなっているのか見てみましょう。

レーシックの危険性について

レーシックの手術での危険性というと、失明が致命的な失敗といえるでしょう。しかし、レーシックで失明したという事例は報告されていませんので、この心配はまずないでしょう。

数年前に発生した銀座眼科事件と呼ばれるレーシック手術による集団感染がありましたが、これなどは、この医院のずさんな手術体制が原因でおこったもので、現在レーシックを行っている実績のある医院、クリニックでこの様な事が起こるとは考えられません。

札幌でクリニックを選ぶ場合も、評判を調べて衛生管理のしっかりしたところを選びましょう。また品川近視や神戸神奈川アイクリニックなどの大手の場合は大丈夫と思っていいでしょう。心配な方は公式ページや口コミページを調べてみてください。

その他には、術後に起こる合併症や副作用などがあります。

レーシック適応検査

レーシック手術

レーシックの手術は、フラップを作る過程と視力矯正のためにフラップの下の角膜を削る過程にわかれます。

フラップは蓋の役目をする部分を角膜の表面に作るもので、マイクロケラトームと呼ばれる刃の付いた器具で角膜表面を薄く剥ぎ取るやり方と、レーザーを使って同様な事をするやり方があります。
フラップの下を削るときには、エキシマレーザーと呼ばれる機器を使用します。

合併症・副作用

フラップに関するものでは、次のようなものがあります。角膜の感染症、角膜の潰瘍、フラップ形成不全、サハラ症候群、角膜拡張症、結膜下出血などです。

また、エキシマレーザーの照射によるものでは、術後の乱視、セントラルアイランド、グレア、ハローなどです。その他にも、ドライアイ、一時的な遠視などがあります。

現在ではフラップに関するものは、技術的な向上もあってほとんど起こらないようです。フラップ形勢不全はフラップがうまく作れなかったという執刀医の未熟からくるものですので論外と考えて良いでしょう。

エキシマレーザーに関するところでは、術後の乱視、グレア、ハローが比較的起こりやすいようです。術後の乱視は、高性能のエキシマレーザーを使用することでほとんど回避できるそうです。

グレア、ハローは、暗い所での光源が、滲んだり、ぼやけたりする症状ですが、これもエキシマレーザーの性能が良いものですとかなり軽減されるそうです。

ドライアイや一時的遠視は、ほとんどの人が一定期間を過ぎるとなくなるといわれています。
 

最近人気のICL手術

ICL(眼内コンタクトレンズ)治療とは、レーシック手術とは違って角膜を削ることなく視力を回復させることができます。

簡単に言えば、目に優しく生体適合性の高いソフトコンタクトレンズのようなレンズを目の中に入れることによって、視力を矯正します。

角膜を削らないので安心して手術を受けることができるのが特徴で、さらに有害な紫外線をカットして半永久的に使用することができます。

お手入れなども不要で、使用期間が短い一般的なソフトコンタクトレンズを使用するのとは全く異なります。

万が一問題が発生した場合には、レンズを取り出せばすぐに元の状態に戻すことも可能。

そして手術時間はレーシック手術と同じくわずか15分程度。日帰り手術が可能です。この手軽さから、ICLは人気の手術の一つとなっています。

 

アトピーの場合でもレーシックをすることは可能?

目
(引用:レーシック 福岡

アレルギー体質やアトピーの場合でもレーシックをすることは可能です。ただアレルギーの種類によっては受けられない可能性もあります。

例えば金属アレルギーであれば受けることは出来ません。レーシックに使う機器は全て金属なのでそれに反応するようであれば受けることが出来ないのです。

それから傷などが治りにくいアレルギーの方も、レーシックの手術時間が長くなることがあります。

それ以外のアレルギーやアトピーなどの皮膚疾患であればレーシックは問題なく受けることができます。特に花粉症の対策として受ける方は年々多くなってきています。

花粉症の場合、その時期はコンタクトレンズをはめることは出来ません。花粉が目に付着すると目やにや涙、かゆみなどの症状が出てしまうからです。

そのため、メガネの生活になるのですが自動車が運転しにくくなったり、仕事に差し支えたりすることがあります。

レーシックは花粉症の症状が出ている時でも手術が可能で、劇的に症状が改善されます。体質が変わることによって花粉症自体を撃退することもできるのです。

レーシック手術の際には麻酔を点眼薬にて行なうことになります。それに対してアレルギー反応を示す方は手術自体を行なうことができません。

事前にパッチテストなどをして耐性をチェックすることになると思うのでその時にしっかりと自分の症状を伝えておきましょう。それからアレルギーに関しては事前に血液検査などを受けて決定付けておいた方がよいといえます。
 

レーシック手術の欠点とは?!

メガネやコンタクトレンズの煩わしさから開放してくれると期待が寄せられているレーシック。こういったものはメリットばかりが大きく取り上げられますが、デメリットも僅かながら存在します。

レーシックでは、角膜など眼球の組織に直接処置を施します。眼球表面の膜を切ってフラップを作り、角膜を露出させてレーザーを使い削る方向で調整するわけですから、眼球に傷をつけるという側面もあるんですね。

もちろん手術中の感染に関しては、手術室の徹底した衛生管理などで防がれています。

ですが、目の表面に形成したフラップは生理学上で見ると完全に定着することはありませんので、これが原因となるトラブルも僅かに存在します。

また急に視力が回復することによって視野に大きな違和感を感じたり、眩しさを強く感じたりすることもあると言われています。

欠点として露呈しない理由

レーシックによって眼球表面に形成されたフラップは、術後ある程度は安定するものの、完全に定着して元通りになることはありません。

ですが、強い力で目をこすったり、眼球に強い衝撃を与えたりしなければずれてしまうことはありませんので、これは僅かな注意で防げるものであり、大きな欠点とは言えないのではないでしょうか。

また視野に現れる違和感も、現在ではコンピューター制御による精密な施術が行われていますので、そうした症例はごく僅かになっています。

アフターケアの存在

術後のフラップのずれや視野の違和感は、レーシックを行うクリニックでは当然把握しています。

外科的処置を施す以上、こうしたことは皆無にはなりませんが、術後の定期的な検診や必要な場合の再手術によって改善するように工夫されています。

欠点も把握しアフターケアも万全な対策が取られていますので、こうしたことを含めるとレーシックの欠点はほぼ無いと言っても過言ではないでしょう。